ビリヤード上達法

ビリヤード上達マニュアル!人気ランキング

■14日間でプロのテクニックを学べるとしたら?

初心者でも数日間で手球を正確にコントロールできる方法とは?
どんな年齢の方でも、必ず練習しただけ上達します!

ビリヤード上達マニュアル!人気ランキング

ブリッジの組み方

ビリヤードのブリッジとはキューを支える手のことを指します。このブリッジの組み方にはいくつか種類はあります。その中の基本的な通常球を撞く時に組むスタンダードブリッジの組み方をご紹介します。


まずショットをするバランスをとった体勢からキューを支える手を大きく広げます。次に手玉を狙いやすい高さに中指と薬指と小指の3本の付け根を立たせて調節し、その状態から人差し指と親指でOKサインを作るようにあわせます。手首に近い部分の手のひらと中指と薬指と小指でしっかりと安定させるのがポイントになります。


ブリッジが組めたら、キューを人差し指で作ったOK部分の円に通して、中指の上に乗せて安定させれば完成です。スタンダートブリッジ以外にも手を広げたままの状態で、親指を人差し指の付け根付近につけて立てて組むオープンブリッジ、親指を人差し指の下に持ってきて、キューを人差し指と中指の間に挟み、親指に沿わせて安定させるレールブリッジなどがあります。


このようにブリッジは複雑そうな組み方ですが、やってみると意外と簡単にできます。ビリヤードを上達するにはブリッジとスタンスを安定させて、真っ直ぐ球が撞ける土台を完成させる事が大切です。